お見合いに関する基礎知識

お見合いの意味とメリット

最近ではお見合いは少なくなっていますが、お見合いは結婚を前提に仲介人を要して相手を紹介してもらいます。出会いのきっかけの一つとしてお互いに気が合えば結婚に至る可能性は高くなります。また、恋愛の場合は両家の挨拶をし紹介を行いますが、お見合いの場合は事前に両家の承認を得ているため、反対される可能性が少ないという安心感があります。恋愛をしたいという場合は除きますが、結婚をしたい男女にとっては最短の出会いの場といえます。

お見合いの準備をする

お見合いをする際に準備するもとして一般的に写真・自己紹介状があります。まずは写真の用意となります。自分のイメージを事前に伝えるため、枚数に決まりはありませんが写真館で撮影した写真1枚・普段のスナップ写真を数枚用意しておくとよいでしょう。また、自己紹介状も用意します。自己紹介状は直筆で書いた方がいいとされています。写真と自己紹介状を用意したら仲介人となってくれる方に依頼をします。自分の意思を伝えるとともに性格や結婚観など偽りなく伝えることが大切です。

お見合い当日の服装と流れ

お見合いの一般的な流れとしては、ホテルか料亭などで行われ時間はだいたい2〜3時間程度となります。地方の習慣にもよりますが、仲介人の挨拶・それぞれの紹介から始まり、その後当人の挨拶が行われます。当日の服装は男性の場合は、スーツが標準といえます。女性の場合は、スーツに合う服装が多く最近では着物は少なくなっています。女性の服装は選択肢くは多く、一般的には露出が少ないカジュアルすぎない服装が良いとされています。

結婚相談所には真剣に結婚を考える男女が集まっているため、出逢いから結婚までの期間が短いことが多いです。交際期間の上限を定めているところもありますので、貴重な時間を無駄にしてしまうことがありません。