結婚式に招待された時に気を付けたいマナーとは

招待状の返信のマナーとは

結婚式に招待されると祝福したい気持ちでいっぱいになると同時に、心配になるのがマナーの問題です。結婚式のマナーは招待状を受け取った時からすでに始まっているようなものです。結婚式の招待状の返信のマナーとしては、期限まではもちろん届いてから3日以内に送付するようにしましょう。人数の確定が早ければ次の準備にとりかかれるのです。予定が決まらず、すぐに返信ができない場合は、相手に一度連絡を入れておくとよいでしょう。

結婚式での服装のマナーとは

結婚式での主役はあくまでも新郎新婦です。自分の服装を目立たせる場ではないことを頭に入れ、服装選びを行いましょう。女性の服装の基本的なマナーとしては、肌の露出の高い服装、個性的で奇抜な服装、カジュアルすぎる服装は避けた方がよいといえます。男性の服装も、女性と同様に気を付ける必要があります。派手すぎるスーツやシャツ、個性的なジーンズや革ジャンなどのスタイル、カジュアルスタイルなどは避けた方がよいでしょう。またビジネススーツも場違いになるので、結婚式にふさわしい服装で出席しましょう。

結婚式当日のマナーとは

結婚式の会場へは、時間に十分余裕を持って出かけるようにしましょう。万が一遅刻してしまいそうな時は新郎新婦に連絡をするのではなく、会場に連絡をするようにします。会場に持ち込む手荷物については、大きな手に持つは会場に持ち込まないのが原則です。あらかじめクロークに預けておくようにしましょう。テーブルマナーは難しいと思われがちですが、食器の音をたてない、食事のペースを合わせる、大声で騒がないなどの基本的なマナーを守り、失礼のないように行動しましょう。

結婚式場を神奈川で探す場合には、デート感覚で参加出来るブライダルフェアに行くと良いでしょう。自分の結婚式のイメージに近い場所をデート感覚で探すことが出来ます。